再生療法

歯周病でも比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができます。しかし、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が必要になります。

この手術の際に、歯周組織再生誘導材料という手術治療を補助するための歯科用の材料が使われることがあります。この歯周組織再生誘導材料を用いて歯周組織を再生します。

GTR法

GTR法(guided tissue regeneration)は歯周外科後、メンブレンを挿入することにより歯周病の炎症により破壊されたセメント質などの硬組織を新生させ、喪失した付着の回復はかる歯科の治療法である。1982年にイエテボリ大学(スウェーデン)のスティーレ・ニーマンらによってGTR法の成功が初めて報告された治療法です。歯周組織再生誘導法または組織再生誘導法ともいう。

どの歯科医院、病院でも受けられる医療ではなく、学会、研修会や実臨床でトレーニングを積んだ歯科医院で治療することをお勧めします。

エムドゲイン® ゲルによる歯周組織再生治療

エムドゲイン(Emdogain®)は歯周病における従来型の治療は歯石、壊死セメント質などの炎症を惹起させる原因物質を除去し、治癒を促すものだったが、すでに破壊された歯周組織の再生は難しかったですが、エムドゲインは歯周外科の治療後に塗布することにより、破壊されたセメント質などの再生をはかるものです。

※エムドゲインの治療の流れ