新たな歯周病治療PDT療法(ぺリオウェイブ)

ペリオウェイブとはPDT(photo dynamic therapy~光線力学療法~)を用いて、歯周病の原因となる細菌を破壊する新たな療法です。このPDTは癌、皮膚、眼科など様々な医療分野ですでに利用されている医学的療法を歯科の分野で応用した療法です。

歯科におけるPDT療法

歯科におけるPDT療法はペリオウェイブ・システムという方法が使用されます。ペリオウェイブ・システムは歯周病治療に有効なのはもちろんのこと様々な治療に応用が可能です。

PDT療法(ペリオウェイブ・システム)が有効な主な適応症

歯周病治療

根管治療

インプラント周囲炎

口内炎etc

ペリオウェイブは人体に安全で、熱による侵収も無く痛みを伴いません。 
ペリオウェイブシステムでは、感染対策のため一人一人の患者様に専用のバイオジェルを使用しています。

ペリオウェイブ・システムによる治療の流れ

STEP1
歯周ポケットには細菌が存在する状態です。
SRP(スケーリング・ルートプレーニング)歯周ポケット内部に入り込んだ歯石を除去します。

 

STEP2
バイオジェルといわれる染色液を歯周ポケットに注入します。このバイオジェルは例え飲み込んでも人体に害はありません。

 

STEP3
無熱ダイオードレーザーで、患部を60秒ほど照射し、活性酸素を発生させて細菌を殺菌します。

 

STEP4
死滅した細菌を丁寧に洗浄します。

PDT療法のメリット

薬を一切使用しないので、副作用が起こりにくい

耐性菌が発生しない

副作用が起こりにくい

治療に痛みを伴わない

繰り返し何度でも処置できる

PDT療法のデメリット

保険が適用されない

無カタラーゼ症の方(体内中のカタラーゼが不足し過酸化水素が分解できなくなる病気)は治療できない

光感受性発作のある方(視覚に飛び込んだ光刺激に対する異常反応を指します)は治療できない

ペリオフローとは?

超微細なアミノ酸を高圧で吹き付けることで、歯周ポケットの奥など、手用器具では除去しきれない箇所に溜まったプラークを徹底的に除去することができます。歯周病の再発防止やインプラント周囲炎の予防に最適ですので、歯周病が進行してしまった方やインプラントを入れた方にペリオフローを使ったメインテナンスをお勧めします。

歯周病治療やインプラント周囲炎に対してはPDT療法とペリオフローを併用することで高い効果を望むことができます。

ペリオフローで効果がある主な治療

歯周ポケットの清掃

歯周病治療

インプラント周囲炎

⇒ペリオフローに関して詳しくはこちらをご覧ください。

PDT療法とペリオフローの費用

治療する歯の数
歯周病PDT療法
ペリオフロー
1~3歯
¥5,000
¥1,000
4~8歯
¥10,000
¥5,000
9~16歯
¥15,000
¥10,000
17歯以上
¥30,000
¥20,000