ダイレクトボンディング

「ダイレクトボンディング」は虫歯などにより歯が欠けた部分や、 歯の隙間に歯科用のレジンを盛り足し、歯の形態や色調を整える治療です。ダイレクトボンディングは削る箇所を最小限に抑える治療なのでMI(ミニマムインターベション)治療のひとつ言えます。また虫歯を除去したあと、レジンやハイブリットセラミック(セラミックとレジンの混ぜ物)を直接接着させるため、この治療法を『ダイレクトボンディング法』と呼んでいます。

ダイレクトボンディングは高い技術力を活かすことで、歯を不必要に削ることなく、短期間で治療を終えることができるのが魅力です。当院では、豊富な経験・実績により培った技術を活用した治療を行っています。

コンポジットレジン:保険適応

ハイブリットセラミック:¥10,000~¥25,000(場所や大きさにより変わります)

ダイレクトボンディングに使用可能な材質は上記の2種類です。コンポジットレジンはプラスティックでできており、ハイブリットセラミックはセラミックが主成分でそれに少しプラスティックが混ざってある混合材料です。

プラスティックは熱により膨張、冷やされると収縮し口腔内では食事の度にそれを繰り返します。また水分や汚れも内部に吸収していくため、経年的に劣化していきます。ハイブリットセラミックはセラミックが主成分のため、プラスティックが含まれてはおりますが両者を比較すると、格段に劣化しにくくなっております。また色調再現性に優れているため、審美的にも良好です。

ダイレクトボンディングの症例

CASE1 ハイブリットセラミックによるダイレクトボンディング症例

他医院にて神経を抜き、セラミックの被せ物を勧められたとの事。MI治療希望で当院に来院。

CASE2 ハイブリットセラミックによるダイレクトボンディング症例

他医院にて神経を抜き、セラミックの被せ物を勧められたとの事。MI治療希望で当院に来院。

CASE3 コンポジットレジンによるダイレクトボンディング症例

水銀を含有するアマルガムという金属を除去し、健康保険適応のコンポジットレジンにより修復