臼歯部インプラントのこだわり

臼歯部にインプラント治療を施す場合、臼歯部は咬み合う場所のため上下顎の咬合(噛みあわせ)が重要になります。

また、下顎の臼歯部はスマイル時殆んど見えません。臼歯部はブラッシングのし易さ、衛生面を考慮して可能な限り歯径線の調和を図ります。

CASE1 臼歯部インプラント ~入れ歯を卒業したい~

抜歯原因:虫歯 
治療期間:3ヶ月 
被せ物:セラミック冠

入れ歯は取り外しをする面倒と装着時の違和感があり、なかなか好まれません。やはり固定性で違和感無く噛める治療が好まれます。

CASE2 臼歯部インプラント ~ブリッジの土台が痛い~

抜歯原因:歯周病 
治療期間:4か月 
被せ物:セラミック冠

ブリッジの場合支えとなる歯が必要で、連結固定するため虫歯や歯周病のリスクが上がります。また土台の歯に加わる負担が増え、場合によっては噛むと痛みが出てくる事があります。

CASE3 臼歯部インプラント ~ブリッジがグラつき始めている~

抜歯原因:歯周病 
治療期間:4か月 
被せ物:セラミック冠

ブリッジの部分の下顎の骨が吸収をおこし、ブリッジで支えている歯がぐらつき始めている状態。予後を考えた結果、ブリッジで支えることが困難という診断のもと、インプラント治療を施したケースです。