前歯部へのこだわり

前歯部にセラミックの審美歯科治療を施す場合、特に重要視されることは審美性です。
前歯はより美しくより機能的で、いっさい金属を使用しないことを考慮し治療をします。

前歯は笑ったときに一番目立つ部分ですので、被せ物と周囲の歯の色調の調整、補綴物の質感、歯ぐきのラインに気を使う必要があります。

CASE1 上顎 前歯部2本オールセラミックス

素材:オールセラミックス

治療箇所:

上顎前歯2本・左右1番

歯ぐきの黒ずみを部分は歯ぐきを移植してカバーしています。そして歯並びも整えています。

CASE2 上顎 前歯部6本オールセラミックス

素材:オールセラミックス

治療箇所:上顎前歯6本・左右1~3番

CASE3 上顎 前歯部オールセラミックス+ダイレクトボンディング

素材:オールセラミックス+ダイレクトボンディング

 

治療箇所:上顎前歯左1番オールセラミックス・右上1番・左上2番ダイレクトボンディング

CASE4 上顎 前歯部オールセラミックス+ダイレクトボンディング

素材:オールセラミックス+ダイレクトボンディング

 

治療箇所:上顎前歯左上1番オールセラミックス・左上1番以外の前歯5本ダイレクトボンディング

CASE5 上顎 前歯部オールセラミックス+ダイレクトボンディング

素材:オールセラミックス+ダイレクトボンディング

 

治療箇所:上顎前歯2本オールセラミックス・左右2番ダイレクトボンディング