歯医者で出来れば受けては欲しくない治療

アートデンタルクリニック鷺沼

044-789-9923

24時間受付WEB診療予約

ブログ

Blog

歯医者で出来れば受けては欲しくない治療

歯科治療には様々な治療があるが、正直良い治療と悪い治療がある。今回お伝えしたい事はその悪い治療。これだけは歯医者さんで受けて欲しくない治療を御説明します。残念ながら日本が認めてしまっている(保険診療)以上、この治療は無くならないであろう。

歯を残す『保存治療』には、虫歯を削って詰め物をする治療や、歯周病治療、神経の管である根管治療に分けられる。どれも非常に大切な治療ではあるが、技術的にも難しく、歯の寿命を左右する根管治療は非常に大切な治療である。我々歯科医は、この根管治療を行った後に根管充填という根の詰め物をする。そして『コア』と呼ばれる土台をたてる。このコア材は、神経が無い歯を補強し、被せ物を安定させるために必要となり、この『コアの種類』が非常に重要になります。

現在は金属(シルバー、貴金属など)、強化型プラスチック、グラスファイバーの3種類がメインですが、実に9割以上の歯に金属(シルバー)の土台が施されております。これはレントゲンを見れば一目で判断できます。金属の土台は被せ物の中で次第に錆び、確実に虫歯を発生させます。さらに進むと、根管充填材料(根の詰め物)を腐食させ、菌が根管に感染し、やがて骨にまで感染を起こす事もあります。これを根尖性歯周炎と呼び、歯の病気ではなく骨の病気になります。それに気づかず被せ物が外れてしまい歯医者に駆け込んだ時、場合により『この歯はもう抜かないといけませんね』となる場合もございます。

保険では金属(シルバー)と強化型プラスチックの2種類が適応(グラスファイバー、貴金属は自費です)になります。金属の土台は昔からある治療ではありますが、抜歯の原因でもある歯根破折のリスクを高めるだけでなく、再治療のリスクが大幅に上がります。最近はメタルフリー治療が少しずつ浸透してきたせいか、自費診療には金属のコア(メタルコア)を使用しない傾向にはあるようですが、現実はまだまだの様です。

なぜ9割以上もメタルコアを使用した治療が多いのか?おそらく我々歯科医師が楽に作業出来る点と、保険点数も高く、来院回数も増やせます。昔からある治療ではありますが、最近の研究データですと保険診療で扱う金属のコアは、抜歯の原因にもなる虫歯、歯周病、歯根破折といった全てのリスクを持ち合わせています。本当に残念な結果です。日本の保険医療の現実です。抜歯になる歯は9割以上が神経の無い歯です。神経が無い歯は、長持ちさせるために特に注意が必要です。当院では、様々な保険診療でも極力金属を使用しない様心掛けております。必ず担当の先生に土台は相談してくださいね。

その他のブログページ

PAGE
TOP