親知らずの抜歯

親知らずとは第3大臼歯のことを言います。すなわち、前歯から数えて8番目に歯ある場合が親知らずです。右のイラストの番号が8番の部分が親知らずです。

親知らずは、生え方によっては放っておくと、痛くなったり、周りの歯肉が腫れたりする場合があります。歯肉に一部埋まっていてなかなか出てこない場合や横向きに生えてるときは腫れや痛みがひどくなり、悪化すると他の歯に悪影響を与えることがあります。そうなると抜歯しなくてはいけません。なかなか忙しくて歯科医院や大学病院に行くのが大変な方も多いかと思います。

当院では、CTスキャンを完備しておりますので、より安全になるべく痛くないように心掛けて抜歯を行なっております。親不知でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

親知らずを抜く必要がある場合

親知らずは以下のような時は抜く必要があります。

親知らず周辺の歯肉が繰り返し腫れたり、痛いとき

食べ物が挟まりやすく、親知らず手前の歯が虫歯になりそうなとき

親知らずが横に押して、歯並びに影響が出ていている

親知らずのあたりが臭う、膿がでる場合