口腔外科について

口腔(こうくう:口のなか)、顎(がく:あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。

この領域には歯が原因となるものから癌までさまざまな疾患が発生します。また交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症ならびに唾液腺疾患などの外科的疾患のほかにも、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。

この領域の異常は、食事や発音・会話がうまくできないなどの機能的な障害に加えて審美的な障害も生じます。治療により口腔・顎・顔面全体の自然な形態や機能が回復すると、顔全体がいきいきとし、健康的な美しさを取り戻すことができます。そのお手伝いをするのが口腔外科です。

口腔外科がおこなう主な治療

歯が原因で歯ぐきや顎が腫れる炎症や歯科疾患 (※親知らずの抜歯  ※歯の破損や口の中の裂傷)

口の粘膜などに発生する良性および悪性腫瘍

顎関節症

顎の大きさや位置が著しく異なり、矯正治療だけでは治らない顎変形症 (※受け口や出っ歯など)

入れ歯の維持安定性を高める補綴前外科・インプラント・歯牙移植

口唇裂・口蓋裂などの先天異常

顎の中や軟組織にできる嚢胞(のうほう)