保険でも可能な限り金属を使用しない歯科治療をします!

詰め物や被せ物というと皆様はどういうものを連想されますか?
恐らく、銀歯を連想される方が多いと思います。銀歯は保険適応されているので費用がさほど掛からずに済むというメリットがあります。しかし金属ですので、使用していると経年的に腐食が始まってしまうのです。すなわち詰め物や被せ物、土台(コア)の金属が腐ってしまうのです。

右の写真が実際にお口の中に入っていた金属の土台です。

このように腐食してしまうと周囲の歯にも悪影響を与えたり、腐食した金属から毒素が出てきて金属アレルギーになる原因にもなることがあります。

 

当院では保険診療でも可能な限り金属を使用しない方法を選択します

このようなことから当院ではメタルコアや金属を極力使用しないようにしております。また、保険診療の際でも可能な限り金属をしようしない方法で治療致します。

⇒保険で可能な限り金属を使用しない被せ物についてはこちら。