子供にとって乳歯と永久歯が混在する時期がとても大切です

真ん中の混合歯列期(生え変わりで乳歯と永久歯が混在する時期)は虫歯のリスクが上がり、非常に重要な時期でもあります。

この時期にしっかりとした予防をすることが、将来のお子様の歯を健康に保つうえで重要な時期です。

また、歯並び等にも影響があり、小児矯正によって歯並びを綺麗に誘導してあげるのにも最適な時期です。(⇒矯正歯科について詳しくはこちら)

小児歯科について

子供の虫歯の予防は誰がするの?

子供が自身する

家族が予防をする

歯科医院で予防をする

上の項目は、どれも単独では正解ではありません。子供の虫歯予防はお子様自信と家庭、歯科医師、歯科衛生士が協力しておこなうことが虫歯予防への成功へのと言えるでしょう。また、お互いの信頼関係を築きながらお子様の効果的な予防をしてきましょう!

虫歯を予防する3つの基本

1.食生活のリズムが大切です

3度の食事を中心に、おやつの回数をなるべく減らすようにしましょう。できれば1日2回くらいを目標に頑張りましょう!甘い物に限らずどのような食べ物や飲み物でも、回数が多くなったりダラダラといつまでも飲食したりしないように注意しましょう。また、1回に与える量を少なくすると、満足感が少なくかえって飲食回数も増え、虫歯が増える原因となるので、注意が必要です。

2.歯を強くする

普段の食生活でバランスのよい栄養食を規則的にとり、歯質のよい強い歯をつくりましょう。

3.虫歯菌を減らす(ブラッシングとフロッシング)

歯ブラシによる正しいブラッシングとデンタルフロスを使ったフロッシングでむし歯菌のかたまりであるプラーク(歯垢)を取り除きます。