インプラント治療を併用した入れ歯治療

インプラントを併用した入れ歯治療とは、インプラントを2本埋入し、ボールアタッチメントを取り付け、その上に入れ歯を取り付けます。これをオーバーデンチャーと言います。

それにより、入れ歯が横滑りする・回転する事を防ぎ安定して、お使い頂く事が出来る治療方法です。また、今まで通りご自身で入れ歯を外すことが出来るので、ご高齢の方でもきれいに清掃する事が出来ます。

オーバーデンチャーの種類

ボールタイプのオーバーデンチャー

オーバーデンチャーの中でボールタイプのものをボールアバットメントといいます。このボールアバットメントはオーバーデンチャーの中の1つの方法です。

インプラントの先のヘッドの部分が丸いボール形状になっており、入れ歯側に特殊な金具を付け、インプラントと入れ歯の部分をはめ込み連結させて固定します。このボールアバットメントによるインプラント入れ歯は、ご自身でも簡単に取り外しができます。

バータイプのオーバーデンチャー

バータイプによるオーバーデンチャーは、インプラントをバーで連結し、入れ歯側にバーを挟み込む金具を付け、インプラントと入れ歯を固定します。これは、ご自身でも容易に取り外しができない程の固定となるので、強固に入れ歯と連結できます。

その他、磁石を使用して入れ歯を固定する方法もあります。オーバーデンチャーは、最低2本のインプラントで行うインプラント入れ歯です。使用するインプラント本数も少なく済むため、経済的にも優れた手法となります。