精密義歯について “入れ歯は治療計画が大切です”

誰でも義歯(入れ歯)にはなりたくないものです。しかし入れ歯を使わないと治せない時もあります。義歯(入れ歯)は痛くて噛めないとか、義歯(入れ歯)は硬いものは噛めないとか、あまり義歯(入れ歯)の評判は世間的に良くはありません。しかし、お口全体の治療計画をしっかり立てて、適応症にあった義歯(入れ歯)を選択して作ると、入れ歯でもかなりしっかり噛めるようになります。

※入れ歯が合わなくてお悩みの方はご相談
義歯(入れ歯)人口はかなりの数にのぼります。 それに比例して「合わない義歯(入れ歯)」という言葉も多く聞きます。 また、患者様ご本人の感じる「良い」、「悪い」にかかわらず、客観的にも不適合な義歯(入れ歯)が少なくありません。ここで言う「合わない義歯(入れ歯)」とか「噛めない義歯(入れ歯)」とは、単に形がアゴに合わない、噛めないという意味だけではありません。心理的、審美的、機能的に気に入らないと言う意味です。

アートデンタルクリニック鷺沼では患者様ひとりひとりに合った義歯(入れ歯)をご提供できるように事前にカウンセリングをしっかりとおこないます。また義歯(入れ歯)を装着後も定期的な検診をおこない、問題が起きた場合もすぐに対処できるように心がけております。

金属床

金属はレジンに対し強度が高いため、同じ強さを持つ床を作るのに、床の厚みを大変薄くすることができるというメリットを持っています。

※金属床の種類とメリット※

・チタン床
チタンという金属の特徴は、生体親和性が高く金属アレルギーが出にくい事と 重さが金の約1/4、熱伝導率が貴金属の1/20程度から総義歯、部分義歯に適した材料です。異物感が少なく、温感に優れ、臭いがつきにくく、壊れにくい強さを有しています。

・コバルト床
熱を伝えやすく清潔で美しい状態で、永く快適にご使用いただけます。丈夫さや快適さにも優れ、自然に近い装着感が得られます。熱の伝わりは、金に比べると若干遅いですが、保険のレジン床に比べるとお食事を美味しくいただくことができます。

・金床
生体親和性に優れ、口腔内で最も科学的に安定した状態を保つことのできる義歯です。仕上がりの美しさも秀逸で、お口の中では心地よい接触感が得られます。現在ある義歯の中では最も優れたものと考えられます。

留め金のないノンクラスプデンチャー

『ノンクラスプ』すなわち 金属のバネの無い入れ歯です。歯に固定する装置と床の部分が同一素材で作られているため、シンプルで審美性に優れています。 素材はプラスティック系のナイロン素材です。半透明で歯ぐきの色調と同化します。軽くて弾力性があり、破折に強い素材でもあります。